工業と自転車の溶接

工業と自転車の溶接の関係性

工業と自転車の溶接に関して

工業に関する知識や技術が高いことは、とても大切なこととなります。溶接技術が高いと、様々な製品を上手く作ることが可能となります。工業が発達することで、高性能な製品が誕生します。自転車はとても便利で、移動手段として活用されています。自転車を作る時は、溶接を行う必要があります。様々な技術は経験や知識の積み重ねによって成り立っています。こうした積み重ねがある工場では、良い製品が生まれます。技術に関心を持つことは、とても大切なこととなります。様々な物に関する知識や技術を高めることは、とても有意義なことでもあります。

自転車の幅広い活用と輸出入

自転車は今日、近距離間を移動する交通手段として、その経済性・利便性・効率性などがこれまで以上に評価され、日常生活に密着した乗り物として利用されています。また、一方で、健康的なスポーツ、レジャー、レクリエーションなどのツールとして幅広い活用の道が開けています。工業製品としての自転車は、輸出よりも輸入量の方が格段に多く、その輸入先は中国が第一位を占め、輸入量全体の9割以上を占めています。反面、国内で製造されたものの輸出先は、ミャンマーやカンボジアなど、工業力が比較的高くない国が上位に位置し先進国である欧米諸国への輸出は非常に微々たるものにとどまっています。日本のブランド力や品質をより一層向上させ、これらの国への販路拡大が期待されます。

↑PAGE TOP