工業の発展と自転車

工業の発展と自転車について

自転車のフレームに見る工業

工業の進化は様々な分野に於いてその効果を発揮しています。例えば自転車のフレームは古くは車輪や乗る人を支えるという目的でデザインされていました。しかし最近では様々な目的で自転車が利用されるようになり、これに合わせた形で様々なデザインがされるようになっています。スピードレースの様なより速い速度で走行するために軽量化と耐久性を両立させるとともに乗る人がより空気の抵抗を受けずに乗ることが出来るようなデザインも有れば、日常的に疲れない様な乗車姿勢をとることが出来る安定性の高いデザインも有ります。これらのデザインを様々な材料を使用し思い通りのフレームが製造できるようになった背景には、工業技術の飛躍的な進歩があります。

地球温暖化の切り札について

現在、地球温暖化防止の観点から、二酸化炭素の削減が喫緊の課題となっています。それは日本一国に限らず世界レベルでの問題でもあります。このような状況下、自動車のように排気ガスを出さず省エネルギーで無公害の自転車が、一躍脚光を浴びるようになってきました。工業製品の一つでもある自転車は、地球環境と大気汚染等に重要な役割を果たすだけでなく、地球と自然にやさしい乗り物として、その需要はますます増えていくと言われています。しかしながら、昨今では、利用者のルール違反やマナーの向上が社会的な問題としてクローズアップされるようになってきました。単なる工業製品から、健康増進や地球温暖化の切り札ともなりえる存在と認められつつあるだけに、その安全利用については、十分な啓発活動が期待されるところです。

工業の進化の情報

新着情報

↑PAGE TOP